Shop Shelby'sをリニューアルしました→Shelby's








はい はい
きょうも おそと いきますよーっ(^^♪

P1430212_convert_20161123202732.jpg
ちゃんと ついて きて ますかーっ?







P1430230_convert_20161123202640.jpg
ままんも いっしょに あるくぅ?







P1430233_convert_20161123202147.jpg
また そんな とこで あたしを けんがく しちゃってるのね・・・
ままん ずるい
ちゃんと あるきなさい なのっ!





とっとと おうちに はいるの
おしっこ したら もう おそとに ようじ ないからねーっ


P1430256_convert_20161123202312.jpg
うへへ
そっこうで りびんぐに いくの
いまから いっぱい あそぶのーっ(≧∇≦)






P1430248_convert_20161123202456.jpg
きーーーーーっ
なんで こんな ことに なるのーっ
いまから あそぶ はず だったのに・・・
ままん ひどいの
あたし ぎゃくたい されてるの(-_-;)


あのね、お外から入ってきたから床拭くんだよ
ちゃーこがうろうろしてたら拭けないでしょ
ちょっとくらい待っててよ・・・
綺麗なところで遊ばないと、また肌がぼろぼろになっちゃうよ
すぐに床拭くから待っててーっ!


ご機嫌いいのか悪いのか
笑ってると思ったら怒ってるし・・・
食べてる時はもちろんご機嫌さん
食べ散らかすから食べ物を集める
そして口に放り込む
ごはん中にインスリンも打つ
食べてる時に何しても決して文句は言わない

うちのこどもたちはみんなそうだ
食事中に手を出しても怒らない
そうでなければ他のイヌと一緒に食事はできないからね
これは絶対に必要なことだ
おやつも一緒
目の前で他のイヌが食べていても怒ってはいけない
必ず自分の番がくると信じることが必要


ちゃーこの血糖値、300台だ
上がったり下がったり、一定にならない
年内にもう一度ドクターに連れて行こうと思っている




例のレスキューから連絡があった
フォスターしてくれないか・・・って
この4か月のパピーね
15085641_1359230027461968_2710503596908208904_n_convert_20161123201540.jpg
メインジでボロボロ
見るも無残な姿だ
自分がレスキューするからフォスターしてくれって
無理ですから
してあげたいのはやまやまだけど、うちにはもうスペースがない
可哀相だけど、他のフォスターを見つけてくれと言ったら無理だと言った
だからこのイヌはレスキューの家に行くことになる

うちのちびちびもメインジだった
ありえないほど強い薬を服用し、副作用もあり
完治するまで長い時間がかかった
でもメインジは治る
根気よく付き合えば綺麗な皮膚に戻る

4か月のパピーをこんな状態にして捨てる人間
どんなんだ?
殴ったり蹴ったりのアビュースと何も変わらないのではないだろうか
このイヌ、このレスキューが引き出さなかったら殺される
安楽死と言う名の殺しだ
いくらこのレスキューがどうしようもないやつでも、このイヌの命は助かる
いいフォスターが見つかるといいんだけどね
期待できない・・・

病気のイヌをフォスターするのはとても大変だ
特にパピーの場合、病気を治すだけでなく基本の躾も一緒にしなくちゃならない
トイレもできない、他のイヌとも仲良くできない、何も知らない
そんなパピーを抱えるって本当に大変だ
フォスターは奉仕だから、みんな健康なイヌをフォスターしたがる
そうなると病気のイヌはシェルターに残る確率が高くなる
このレスキューも病気のパピーは引き出すけど、病気のおとなのイヌは引き出さない
どこの国でも同じかもしれないね
引き出してもアダプトされなかったらレスキューもフォスターもパンクする

健康なイヌをレスキューしても、問題ありのイヌだったらアダプトされない
そうなれば次のイヌは引き出せない
どんどんシェルターでイヌは死んでいく

問題ありのイヌのため、引き出されたイヌにはプロのトレーナーがつくことが多々ある
素人がやれることには限りがあるからだ
そこらへんにいるなんちゃってトレーナーでは問題行動は治らない
せっかくシェルターから引き出されたのに、問題行動のせいでまたシェルターに連れていかれることを避けるためだ
引き出されたイヌにプロのトレーナーを・・・
これは本当にいい案だと思う
イヌが幸せになるために、いろんな人たちが働く
イヌたちを不幸にするのは人間だもの
誰かがその尻拭いをしなくちゃいけない


うちのおねえちゃん、トレーナー
でもおうちでそのお仕事はしない
トレーナーになってもずっと勉強し続ける
いろんな講義を受け、試験を受け、これは永遠と続く
知識は増やさなくてはならないし、ある一定のところで止まってしまってはいけない
どうしておねえちゃんがトレーナーの勉強を続けるのか・・・
うちの5イヌたちが年を取って順番にあちらの世界に行き、うちにスペースができたらまたフォスターを開始するからだ
一生、身体が自由に動く限りフォスターを続けると言う
世の中の不幸なイヌたち、少しでも助けてあげたいと言う
できることなんてほんの少しだ
それでも何もしないでブーブー文句言ったり眺めてたり、そんな人間にはなりたくないと言う

その志、ずっと持ち続けてほしいよ
私は彼女より早くこの世からいなくなる
彼女の将来、見ることはできないけどね
それでも安心してさよならできるように、彼女にはしっかり歩んでいってもらいたい









きょうも あたしに あいに きてくれて ありがとう なのーっ♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


犬ブログ広場へ
関連記事

テーマ : 保護活動 - ジャンル : ペット

<< うれしいおしらせ | ホーム | けんか >>

私の今の生活ではフォスターに興味があっても実行するのが難しいのですが、宝くじ当たったらやりたいなんって思っています。

ぷにゅママさんたちは、宝くじに当たらなくっても行動できているのが素晴らしと思うし、尊敬しちゃいます。おねえちゃんも、自分の夢に向けて行動してて頼もしいですね。

WA州のほうは、猫の問題はまだまだだけど、犬はオオカミハイブリッドかよっぽどなアグレッションがない限り、殺処分になることはなくなってきたようです。南部の州からの受け入れも多くなっています。うちのこたちも、他州のハイキルシェルターにいたら殺処分の対象になっていたかと思うと悲しくなることがあります。

おはようございます♪

ちゃーこさんのお顔が何とも言えなく可愛いわね 何かを訴えるような目線がね

>食べてる時はもちろんご機嫌さん 食べているときは幸せだものね =^-^=
血糖値の管理大変ですね お察しします

4か月のパピーちゃん メインジって調べました
我が家のゆきちゃまも障害犬で大変なの これに近い皮膚病なの
毎日のケアに苦労しています

このパピーちゃんも可哀想にね おでこにも深い傷があるわね
助けて上げるにも限界があるよね 全部の子供たちは助けられない
そのジレンマに苦しむわね でもどうしようもないことばかり

お姉ちゃんも頑張っているのね 皆さん尊敬するわ



ぷにゅママンさんのところは皆いい子ばかりですね
躾がきちんとされていて
でもそれがワンコの幸せにつながるのですから必要なことですよね

写真のわんちゃん
無残な姿です
こんなひどくなって捨てるなんてひどい
病気の治療にはお金がかかりますからお金に余裕の無い人は
飼ってはいけない
そう日本では今話題になっています
貧乏人は犬を飼うなということかと怒りの反論もありますが
こういうワンコを見れば言っていることの意味がわかると思うんです

自分のできることは
たった一頭のゴルを飼うことでいっぱいですが
それでもそのためにがんばって仕事もしているので
皆がそうできるといいのに

全てのワンコに幸せを願います

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP