Clara(ちび)がうちのこどもになったのは4年とちょっと前
何か月も人間不信で、いつも部屋の隅にいた
そして三白眼でみんなを睨んでいた
おしっこは部屋中でしていたし、トイレシートなんて覚える気はまるでなかった
でも私は急がなかった
どんなこどもも一緒じゃない、みんなそれぞれ性格が違うから

015_20170716230253eca.jpg

そしてちびはシェルターから来た
私が彼女を引き取る前、どんな生活をしていたのかも分からない
シェルターを出るには避妊の手術をされる
そしてそれは失敗されていた
数か月後、彼女の具合が悪くなり獣医に走った
そこで手術失敗だったことが判明した
だからと言ってもう一度お腹を切るなんて想像もできないし、薬を服用して様子をみた
それ以来は何の問題もなく過ごしてきた
栄養状態も良くなかったので身体にいっぱいイボもできた
必死でイミューンシステムを向上さようと頑張った
で、ちょっとデブになってしまった・・・

トイレは外と決め、家の中で失敗しなくなるには2年もかかった
それまでにどれほどのクリーナーを使用しただろう
掃除をしてもしても、部屋はおしっこのニオイがしてた気がする
三白眼で睨むこともなくなり、大好きなおもちゃで毎日遊んだ
そしてどんどん増えていったフォスターのイヌたちの面倒もよくみてくれた

026.jpg

全て良かったわけじゃない
ちびは何でも口に入れて飲み込んでしまうから
ブランケット、マットレス、シーツ、イヌのベッド、とにかく何でも飲み込んだ
人がいる時にはそんなことはしない
暇になるとやっていた
だから部屋の中からは物がどんどんなくなっていった
危険回避のためには(誤飲)物を置かないことしかないから

外ではみんなと仲良く遊んだ
気に入ったおもちゃは抱えて遊び、誰にも取られまいとして必死で逃げていた

P1480395.jpg

おもちゃ大好き、でも抱っこが一番好き
上手く甘えられない性格だけど、抱っこの為なら飛んできた
「Clara 抱っこだよー」の一言で一目散に駆け寄って来る、そんな彼女の姿はいつも頭にある


夏はプールだった
お水大好き、頭からジャボン、スイスイ泳いで得意気だった

DSCN4345_201707162302490a9.jpg

4月、5月頃から毎年プールを出し、ちびは朝から晩まで思う存分泳いでいた
おにいちゃんと一緒に泳ぐ、それを見ていたちびちびはやきもちを焼いてちびに攻撃していたりもした
全身ずぶ濡れになるのでバスタオルの用意も大変だった
大きな大きな洗濯機なのに毎日洗濯していたな
今じゃ1週間に1回しかしない
大変だったことも今はそれがなくなって寂しい


本当なら最後まで手元で一緒に暮らすはずだった
まさかこんなことになるとは思わず、そして今でもこれが夢であってほしいと思う

1498438632045.jpg

Claraがアダプションイベントに行った日
ハーネス着けて準備した
ちょっと不安そうな顔、いっぱいいっぱいキスをしてくれた
分かっていたのかな
おかあさんがClaraを捨てるっていう事

ごめんね
おかあさんは本当に最低な人間だよ
生きてるのが辛いよ
Claraに会いたくて会いたくてどうしようもないよ









今日も来てくれてありがとうなの♪


ブログランキングに参加しています
ポチポチっと応援していただけると嬉しいです(≧∇≦)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


犬ブログ広場へ
関連記事

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

<< まだのこってます、おねがいします | ホーム | しぇるびーのくらし >>

Claraはきっとなにもかも
分かってくれているよね~

あふれるような愛情

伝わってきます。

のっぴきならぬ事情で別れなければならない
辛いお気持ち・・・
痛いほど感じます。

他の人に託すのだから
捨てるのとは違うと思いますが・・・

ママンさんは
そんなふうには思えないのですよね。
責任感が強いのだと思います。

そして愛情いっぱい注いできたから
別れが辛いのですよね・・・

私も2年一緒に暮らした子をオス同士の争いでやむなく去年rehomeしました。
譲渡会でケージに入れた時、胸が張り裂けそうになりましたが、よい縁があり
優しいご夫婦の家庭に行きました。お気持ち、痛いほど分かります。
Claraちゃんには、ちゃんとお気持ち伝わってますよ。大丈夫!

オシッコの問題、大変ですよね。うちも5月に他界した次男猫がマーキング屋
で、8年間、居間と地下室の壁、ソファ、カーペット、ちょい置きの服や毛布、
夫の靴の中まであらゆるとこにオシッコして、そのたび洗えるものは洗って
へとへとでした。それでも私はこの子を溺愛していたので、今となっては壁の
染みも、夏になると蘇る匂いも、この子が恋しくなる想い出です(笑)

太陽は、誰の頭上にも平等にあります。でも雲が多いと、光が届きません。
私が30代でどん底にいた時、たくさん読んだ啓発本の中に、こういう表現が
あったと思います。上手く言えないけど、乗り越えていってほしいです。



URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP